←prev entry | Top | next entry→
4-BIT(フォー・ビット)というバンド

23歳が過ぎて、一番メジャレーベルとの契約がチラついていた時期、

大学も卒業して「ミュージシャンになるのだ」とフリーターになった僕は、

京都でバンド活動に明け暮れていた。

と言っても今から思うと、全然大したことはないのだが(笑)。

でも自分なりには必死だったんだと思う。

Black obje.というバンドで「売れるんだ!!」と頑張っていたけれど、なんだか色々あって解散することになった。

その時期に、四人のメンバーで結成したのが4-BITだった。

活動期間は1年もない、24歳の頃のバンドだ。

Japan clubというサックスがセンターにいるロック、フュージョン、ジャズ?を勢いよくやっているバンドがあって、そのドラムが小村、ギターが北沢だった。ちなみにそのバンドのキーボードは今も京都町内会バンドで一緒にやっている村田聡。

あの頃、京都のアマチュアシーンはなかなか元気で、RAGというライブハウスに今のネガポジのオーナーの山崎さんが店長でいて、

随分とけしかけられた僕らは、しのぎを削る気分でバンドにそれぞれのめり込んでいた。

ヌボ というバンドがえらい人気で、「あーもう売れちゃうんじゃないかな」という感じになっていて。

そのヌボのベースが玄ちゃんだった。

小村と北沢と玄ちゃんと僕。この四人でやってみよう。

オリジナルソングをバンバン書いて、僕らはライブをスタートさせた。

僕にとっては最後に組んだロックバンド、「ソロになる」という決断をさせてくれたバンドだ。

東京でディレクターになりディレクションに明け暮れて、ギターは全然弾いていなかった北沢。関西を中心にずっとプロの世界でドラムを叩き続けている小村。そして、最近バンバンベースを弾いてる「第二のベース人生スタートしたかも」と語る玄ちゃん。

みんなそれぞれに音楽と関わりながら、四半世紀が過ぎ、北沢が京都に帰ってきて、久しぶりに四人が京都にいる状態になった。

案の定、山崎さんにもけしかけられて、ネガポジで一度ライブをやってみることにした。

やり出したら、新曲も出るわね。昔の曲もおもろいわね。で、ええ感じに脱力、ええ感じに下手くそ、ええ感じに真面目なサウンドが見え隠れしている。さあ、どこまで行けますか。

ここのところ僕を支え引き上げてくれているハラダイスのメンバー日置くんをゲストに迎え、僕と日置くんで最新の僕の音も紹介。

そして4-BIT+日置のシーンもありつつのワンマンライブを予定しています。ぜひ遊びにきてください!!

 
| Diary | - | trackbacks(0) | |
Trackback
http://daraha.jugem.jp/trackback/1852
| |