←prev entry | Top | next entry→
ハラダイスのメンバー紹介。パーカッション「野本暁」編
今回はリズム担当ののもちゃん、「野本暁」を紹介。

もともとベースのありちゃんとハラダイスでもギターを担当してくれているノッポこと浅野浩太が一緒にやっていた「ジャッカル」のドラマーとして知り合った。
バネのある、反射神経が良さそうなこぎみいいドラムを叩くなあと思っていて、好印象(笑)だったのを思い出す。

ハラダイスで岡部さんが劇団新感線の仕事かなんかで、「原田、その日あかんわ」となったことがあって、ベースのありちゃんとかなり悩んで、「のもちゃんに頼んでみよう!」となった年があった。そこで初お手合わせ。
曲の理解もはやいし、思い切りもいい。バンバンついてくるからめちゃ気持ちいい。手数多くて華やかなパーカッションを叩いてくれて、あっという間に違和感なくハラダイスの本番になったのを思い出す。
ちなみに岡部さんは「今日、公演の休みの日やったわ」と客席に来てた。なんでやねん(笑)。

その年以降、また岡部さんがプロデューサーでドラムとカホンをやってくれていたので、のもちゃんとは一緒にやっていなかった。
岡部さんが亡くなって、ありちゃんと迷うことなく再びのもちゃんにお願いすることに決めたのだった。こぎみよく快諾(笑)。

「パーカッションの方がボーカルとの距離が近くて自由が効くんですよね。ドラムって囲まれちゃって孤立するんすよね」とか言う。
いい意味でちょっとフロントマンやねんな。色々派手だしね。
でも、今回のアルバムではドラムをたくさん叩いてもらった。
いいよー。10月のハラダイスは円山公園の音の制限もあってドラムは使えないんだけど、プレイベントはライブハウスなので、ドラム曲もありで行く予定。めちゃカッコいいです。乞うご期待。

ドラムに囲まれていつもより重心を落とした(まあ、見た目は孤立してちょっと寂しそうな?)のもちゃんもぜひ聴いて欲しい。
もちろんフロントでカホンの時間もありです。
恐らくどっちもにやけたいたずらな顔でやってくれると思います。

ちなみに結構まじめにドラム叩くとこんな感じになるのね。
 
| Diary | - | trackbacks(0) | |
Trackback
http://daraha.jugem.jp/trackback/1856
| |