←prev entry | Top | next entry→
ハラダイスのメンバー紹介。キーボード「恩田貴則」編
3人目は今年からバンドメンバーとなった恩田貴則氏。

とは言え、かれこれ2年半ほど物凄い数のレコーディングを一緒にして来た恩田くん。そうなのである、恩田くんはハラダイス当日に配られるパンフレットに同封されているサウンドロゴCDのアレンジの半分をここ2年、担ってくれているのだ。
生バンド風のアレンジを担うD-studioチームの小松侑平(g)、菊井雅志(b)、藤井浩史(key)とは違う、打ち込み系やピアノ弾き語り系、ストリングス系のサウドロゴの担当。すごいスピードでアレンジを仕上げてくれるので、サウンドロゴの仕事もいくつかハラダイス以外で手伝ってもらっている。
恩田くんが凄いのは、欲しい音色やアレンジを僕の少しの情報でバッチリ形にしてくれること。ほとんど「なんで今の要求でこんなバッチリなんあがってくる?」というディレクションサイドにとって最高にありがたい驚きが度々起こる。
彼の引き出しの多さがその理由とは思うけど、やっぱり同年代と言うのが大きいかもな。
ずっと鍵盤を担ってくれていた村田にも相談して、今回思い切ってハラダイスのバンドメンバーをお願いした。快諾!ありがたし。

で、実際にレコーディングに入ると、流石に素晴らしい。どんどん曲が良くなる。
他のメンバーとは初手合わせだったのだけれど、「さすがにいいところに音入れて来ますね」と相性もいい感じ。
いよいよプレライブで生演奏でのお披露目となる。

今年の新しい風だ。

僕も、ほとんどセッションで即興でのライブを一緒にやったことがあるくらいで、レコーディングばかり一緒にしていたのでまだまだ恩田くんのライブプレーは未知。めっちゃ楽しみ。
確実にいいもんになるけどね。


一緒にやってないので、わかーい時の写真をネットで拾ってきた。わらけるわー、この写真。恩田くん、こんな顔です。
 
| Diary | - | trackbacks(0) | |
Trackback
http://daraha.jugem.jp/trackback/1857
| |