きっと世界に(聖書の話41)

平和を実現する人々は、幸いである、 

天の国はその人たちのものである。 

(マタイによる福音書 5章9節) 

 

 今回の聖句は山上の説教と言われる、イエス様の教えをぎゅっとまとめたマタイによる福音書の冒頭部分の一節だ。 キリスト教独特の言い回しや言葉が、少し難しかったりする。 平和を実現するとは何か。天の国とはどこか。 意味を探るために、少し乱暴ではあるけれど、平和の反対を戦争、幸いの反対を不幸、天の国の反対をこの世として、今回の聖句を裏返してみた。 

 

戦争を実現する人々は、不幸である、 

この世はその人たちのものである。 

 

 悲しいことに、ある種のリアルが、この言葉から感じられるように思う。戦争を実現する。それは実際に戦争を行うということだ。 この世界を支配している人たちによって戦争が実現してしまう、その現実を私たちは以前より、最近、少し強く感じているかもしれない。 この世で成功を収めていくために自分たちはどんな人生を歩んでいくか。成功のためにはお金が必要であり、経済的な豊かさを大切にして現実を見れば、時と場合によっては戦争も仕方がない。あるいは、制裁を加えるべき悪意に満ちた国家へは、武力行使も仕方がない。自分たちの身を守るためには武器を取るべきだ。戦争を実現してしまう人たちの理屈に自分も飲み込まれてしまいそうになる。 

 

 その一方で、単純に人を殺したくない、戦争をするのは間違っている、と思っているのも本当だ。 

 

 イエス様が生涯を投じて伝えようとしたことは、とてもシンプルなことだった。それは愛するという行為。神様を愛し、自分を愛するように隣人を愛することが、私たちが幸せになり天の国、神の国につながって行く方法だと教えた。 神様の支配を信じて、復讐の連鎖を止め、敵を愛し、迫害者のために祈ること。それはとても難しいことのように思える。それでも、私たちが少しずつ努力するときに、だんだんと世界が変わって行くかもしれないのだ。この世的には損をすることも度々起こるかもしれない。でも大丈夫だとイエス様はこの聖句で述べている。天の国では損をしていない、そして、何よりもあなたは幸せになる、と読み取れる。 

 

 さて、機会があったので、先日、友人たちに、ここまでの話を聞いてもらい意見をもらった。いくつかの質問と指摘があった。 その一つは愛することに自分の人生の軸足を置くときに経済的成功は犠牲になるのではないかということ。お金のことを一番に考えることは出来なくなる、そのことが誤魔化されて言及されていないのではないかという指摘。もう一つは天の国は死後に感じるものなのかという質問。そして、「幸い」という聖句の言葉は「幸せを感じる」ということと同じではないのではないかという指摘。 

 どれも鋭い指摘と質問だ。 

 僕も、イエス様の勧める道では、この世的な成功、経済的成功は難しいと思う。と同時に、本当に幸いな人生を歩めるなら、それは幸せであり、人生にとって成功であり、その幸せは生きている中で感じる天の国なのだとも思う。 

 

 憎むより愛すること。裁くより赦すこと。争うより平和であること。その一つ一つはこの世的には損で、バカバカしく思えたりする時があるかもしれない。でも、迷ったり失敗しながらであっても私たち一人一人がその道を選んで行くときに、きっと世界が、この現実の世界が変わって行くのだ。そのことを信じる。そんな人生を素敵だと思う。そんな思いで「きっと世界に」という曲を書いた。最後に、その詞を紹介する。 

 

「きっと世界に」 

 

誰かの涙が どこかで幸せを生み 

僕らの涙が どこかで安らぎを生み 

あなたの涙が どこかで争いを止めるならいいな 

 

愛を求め 星を探し 傷つき 傷つけ 月を見上げた 

繋がってる 全て 心の震えは 小さな波を きっと世界に 

 

誰かの笑顔が どこかで喜びを生み 

僕らの笑顔が どこかで平和を生み 

あなたの笑顔が どこかで戦争を止めるならいいな 

 

愛を見つけた 雨は上がる 光がこぼれて 雲は流れた 

繋がってる 全て 呼び合う想いは 大きな波を きっと世界に 

 

愛を見つけた 雨は上がる 光がこぼれて 雲は流れた 

繋がってる 全て 呼び合う想いは 大きな波を きっと世界に

 
| 聖書の話 | - | trackbacks(0) | |
新曲!結婚式ソング!!「幸せの報告」!

昨日、やっと当事者たちに音源を渡した。

 

結婚式の披露宴に呼ばれて、1曲歌わせてもらったのだ。

新郎新婦にインタビューをして、二人のオリジナルソングを作らせてもらった。

少し前に、無事に披露宴は終わっていたのだが、ちゃんとした音源にして、CDRでお渡しするのが、少し遅れてしまった。

今回はべたべたなタイトル(笑)。

「幸せの報告」。

披露宴では、歌にできなかったインタビューについてなどぺらぺらとしゃべって、帰りに新婦のお父さんに「いやー、初めてなれそめを聞けました」と挨拶されるという(笑)。

 

呼んでもらえてうれしかったです!

幸せになってください!結婚おめでとう!

 

手書きの歌詞とイラストはハラダイス・ハラダにて!
https://www.facebook.com/pg/HARADISEHARADA/

 

 

 

 
| Diary | - | trackbacks(0) | |
名古屋ライブ@きてみてや!!いい感じで終了!!

名古屋へスーパーゼリーの二人と一緒に3人ライブ。

祇園祭を尻目に昼過ぎ出発の日帰りライブ。

「きてみてや」に夕方には到着。近いね。

 

年に2回のライブにもだんだん馴染みのお客さんが。

座敷に靴下でのライブにもすっかり慣れて、京都からもお客さんが来てくれたりして、

なんだかバチっと3人のスイッチが本番に入ったライブだった。

 

先攻は僕だった。

まずは原田ソロ

乾杯のうた、Waiting for a chance、アイ・ラブ・ユーでユー・ラブ・ミーでアイ・ラブ・ミー、きっと世界に、KEY

(インド映画みたいですが、昨日のライブの風景です)

 

続いてギターの日置くんと一緒に2曲やってみるセッションコーナー

光のこる空、あの空と君と未来へ

 

クミちゃんを呼び込んで、原田博行とスーパーゼリーで最後に1曲

確かで素敵なそれだけ

 

後攻のスーパゼリー。

5曲目くらいでステージ呼ばれて、3曲スーパーゼリーの曲に参加。

ゴーゴーカー、生きるのつづく、明日は春だ

 

アンコール。

台風の夜に、そんな夕方、最強ブルー

 

ゆっくりまったりしているようで、集中したいいライブだったように思う。

日置くんと二人でやった曲も新鮮で、これからが楽しみ。

そして新曲「そんな夕方」もいい感じに仕上がった。

9月に北陸ツアーが待っている!楽しみだ!!

 

来てくださった皆さんありがとう!

きてみてやさんありがとう!!

また行きます!!

 
| Live Report! | - | trackbacks(0) | |
開放感!

採点が昨日無事に終了。

リハーサルや作曲や打ち合わせが波のようにやってきては、採点の時間を奪って行くので、ドキドキしながら過ぎた1週間。

無事に成績の書類を提出して、ついに夏のライブとハラダイスの準備に突入。

昨日は早速大阪で今週末の名古屋ライブのリハーサルだった。

スーパーゼリーとの名古屋。

新曲がなんとか形になり、どこか「原田博行とスーパーゼリー」というユニット感も出てきた3人。

ライブはそれぞれのソロと、3人での演奏で構成される。

F9BC36D2-31FD-4E22-89CC-0F0633D67245.JPG

リハ終わりでパチリ。開放感!あるねえ。

 

さあ、今日は夕方からレコーディング。

ああ、なんて幸せな毎日。

ものを作ってそれが形になる喜び。

新曲は手書きの歌詞をラジオがなくてもあげて行こうと思う。

頑張りまーす!

 

 
| Diary | - | trackbacks(0) | |
採点につぐ採点

このシーズンの到来である。

ラジオ最終回の余韻もよそに、レポートの採点に追われる。

ティーチャータイムである。

そして、遅々として進まない。同時進行で、いろいろ仕事も入ってくるしね。

 

でも、一生懸命書いてくれたレポートだ。一枚ずつしっか読みます。

採点に集中する元教え子の同僚先生村川君を捕まえてパチリ。

人の採点の邪魔は楽しい(笑)。

さあ、引き続きお互い頑張りますか!

 
| Diary | - | trackbacks(0) | |
ハラダイスラジオ最終回!
昨日、無事に最終回の生放送を終えて、6年間のラジオ番組が終了した。
本当に沢山の方からメッセージを頂いて、全部は紹介できなかったけれど、幸せな最終回となった。聴いてくださった皆さん、応援してくださった皆さん、ありがとうございました!

いいメンバーとの素敵な時間に感謝!
また、新しい番組でお会いできると嬉しいな。
でも、今は、6年ぶりにラジオがない1週間を感じてみます。すでに寂しいな(笑)

皆さん本当にありがとうございました!!

 
| Diary | - | trackbacks(0) | |
ハラダイスラジオ最終回!「Montage Sequence」を歌おう!

6年間続いたハラダイスラジオが今日で最終回となった。

6年といえば、中学に入学した子が大学生になる時間。本当に幸せな経験だった。

最後は、やっぱりこの曲かなあ。

img-630123058-0001.jpg

卒業を歌った曲「Montage Sequence」。

いつの間にか当たり前だと思ってい日々へのお別れだ。

 

かわらないメンバーで6年間を過ごせて最高に幸せだった。

そして、何よりも聴いてくださったみなさん本当にありがとう!

いつもと変わらない放送を大切に最終回!頑張ります!!

ぜひ聴いてください。

 

ハラダイスラジオ最終回はαステーション(89.4FM)にて今夜8時から、一時間の生放送!
http://fm-kyoto.jp/blog/haradise_radio
手書きの歌詞とイラストはハラダイス・ハラダにて!
https://www.facebook.com/pg/HARADISEHARADA/

 

IMG_7823.jpg

ずっと応援してくださった山形先生と高校の体育課で。

「まあ、新しい挑戦をしろってことやな」とアドバイスをいただく!

本当にそうね。

 

でもまずは、今夜!ラジオで!!感謝を込めて放送します!!!

 

 
| Diary | - | trackbacks(0) | |
新曲「だから今日も大丈夫」を歌おう!!

ありがたいことだ。

今月の新曲が完成。

10月28日(土)に円山公園音楽堂でのハラダイスライブを決めて、いろいろなことが動き出す。

来週のまほロバでのカウンター・ショウ(6月28日)を見据えて新曲を作る。

「だから今日も大丈夫」

img-622095122-0001.jpg

プライベートなことなようで、なんだかいい感じに書けた気がする。

 

ハラダイスラジオはαステーション(89.4FM)にて金曜夜8時から、一時間の放送!
http://fm-kyoto.jp/blog/haradise_radio
手書きの歌詞とイラストはハラダイス・ハラダ
https://www.facebook.com/pg/HARADISEHARADA/


今日は新曲だから、上記のイラスト入り手書き歌詞生原稿、一名様にプレゼントです。

 

授業の合間を縫って、軽く運動。山口先生と。いい職場だよね。

IMG_7666.jpg

今晩もよろしくお願いします!!

 
| Diary | - | trackbacks(0) | |
原田博行 with SIESTA@モッブス・フェローズ(鳥取)

シエスタとの怒涛の日々。

金曜日の京都でのリハーサルから始まり、土曜日の練り歩き、夜のゴールドラッシュ。

そして、日曜日の午後は権現茶屋でのシエスタソロ。

 

一つ一つのライブが幸せのうちに過ぎていき、ついに最後のステージ。

 

川ちゃんが全面的に頑張ってお客さんを集めてくれて、今年も鳥取ライブは大入り満員。

最高に素敵なお客さんたち!

 

1部はシエスタのソロ、僕のソロ。

2部は合体してフレンチ・フォーク?を披露。

 

僕のソロのセットリストは

KEY、目を上げれば、Moonlight Club、Go sign、はればれ

 

いよいよ3人での2部。

歩くはやさで、ジュマペール・ジェームス、カフェ・シエスタ、オセロ

 

ちょっとここのところの活動の紹介で、サウンドロゴを2曲。

日和キッチンのサウンドロゴ、たびすけのたび

 

灼熱の後半へ。

ありがとうの歌、オー・シャンゼリゼ、No rain no rainbow

 

アンコール。

アイ・ラブ・ユーでユー・ラブ・ミーでアイ・ラブ・ミー

 

もちろん最後は川ちゃんの恒例「昇天ダンス」。

いい写真が撮れました!

 

鳥取のみなさん本当にありがとう!

モッブスがあってよかった!!

川ちゃんおつかれ!!

またやろう!!!

 
| Live Report! | - | trackbacks(0) | |
Gold rush 投げ銭ライブ!

めちゃめちゃなスケジュール。

4時に京都を出発。そう、SOU・SOUでの練り歩きのすぐあとである。

そして、車で鳥取へ。

 

到着したら、もうライブです(笑)。

仕込みをする僕と川ちゃん。

 

いつものめんめんが集まってきましたな。

でも初めてのお客さんも!!!

盛大に、偶然来た若い三人連れ女性客へ暑苦しいライブを披露。

 

カウンターの景色はこんな感じ。

 

ライブ後は川ちゃんの踊る下ネタ御殿をカウンターにて楽しんだ夜。

ぐったり疲れて、心充実である。

 

セットリストは

乾杯のうた、Heaven、恋、日曜日の午後。目を上げれば、はればれ

ーアンコールー

No rain no rainbow(原田博行 with SIESTA)

 

そして日曜日はモッブスにてライブ。ライブ好きやねんなあ、我ながら(笑)。

 

川ちゃんありがとう!シエスタありがとう!

来てくださったみなさん本当にありがとう!!!

 
| Live Report! | - | trackbacks(0) | |